このブログのテーマについて

ビジネスから政府、家庭の問題に至るまで、世の中は主観の避けられない意思決定問題の連続です。主観のままに選択をして問題ないケースもあれば、待ったをかけて客観的なアプローチで解決しなければならないケースもあります。後者の領域に所属する課題に関して、調べていて純粋に面白いと思ったアプローチや、世の中でまだ一般的には知られていない研究などを紹介していきたいと思っています。

下記の方針に基づき執筆を不定期に続けていく予定です。

  • 一見したところ定性的・主観的な課題を、誤差付きでも良いから定量的・客観的なアプローチで解決していくこと、またそのアプローチの評価
  • 上記の課題解決における参考文献の紹介と書評
  • 想定されるトピックと問題意識例
    • バリュー投資 : 財務諸表から算術的に計算できるバリュエーションと、年次報告書などから定性的に類推すべき企業の経済的堀とがどうミックスされるべきか
    • マーケティング : ゲーム理論的な合理的消費者のモデル、消費者が持つ認知バイアスを利用したマーケティング戦略のモデル (米国大学のMBAでよく教えられている内容), 消費者の行動記録に基づく機械学習予測モデルのそれぞれがどのコンテクストでどう役立ちそうか
    • 音楽理論 : 数学的もしくは統計的フレームワークに乗りやすい和声理論や対位法に対して、経験則の方がずっと物をいうオーケストレーション。どのような定性・定量アプローチのハイブリッドが良い作品を生み出せるか。あるいは、新しい様式を生み出していくにあたって、過去楽曲データベースの一般化で捉えきれない創造性はどのような数理的現象と見るべきなのか

Disclosure & Disclaimer / 免責事項

このブログの著者は、IT企業で機械学習の産業応用を研究してきた研究者で、現在はスタートアップ企業でエンジニアとして働いています。マーケティングと広告の問題を扱うことが多かったため、消費者行動理論や認知心理学についても比較的多くを学んできました。対象課題において一般的になっている数理モデル(ドメイン知識)と、機械学習でよく見受けられる予測式の形式とを組み合わせて独自の統計的予測モデルを作ることをライフワークにしています。

仕事とは独立に、個人投資家として米国株オプションを用いてバリュー投資及びボラティリティ・トレードをしています。財務分析に基づくバリュー投資のアプローチと、計量経済学で一般的なオプション・プライシング・モデルとをトレードオフを考慮してうまくミックスした投資戦略を作りたいと実験を行っている日々です。

全ての投稿は著者の個人的見解で所属先企業とは一切の関係がなく、また特定の金融商品を推奨するものではありません。投資には損失を被るリスクが存在します。投資判断は自己責任でお願いします。

Amazon.co.jpアソシエイト に参加しています。

広告